検索
  • SHUNJI MIYOSHI

プロとアマの違い

プロとアマチュアの違い

大学3回生の頃から貸スタジオでバイトを始めることにした。3回生にもなると、単位もほぼ取り終わり、就職も進学もしないことにした僕には時間があったから、貸スタジオを探して、良さそうなところへ事情を説明し、バイトとして雇ってもらえることになった。週に4日はそこで働いた。

新大阪近くにあるスタジオには東京からもたくさんの色々なフォトグラファーが撮影に訪れて、毎日色々なことを学んだ。

その中でスタジオのボスの写真指導を受けてた時期があって、毎週撮った写真を見せるんだけど、「まだまだ」「ダメだね」しか言ってくれなくて。ボスは昔からフォトグラファーとして一線で仕事してきた人で、毎日毎日事務所でタバコ吸ってるだけだったけど、時々スタジオに遊びに来る人たちを見て、すごい人なんだってわかってきた。

そんなある日、事務所の隣にある、使っていない部屋があって、そこで窓から入るブラインド越しの斜光で撮影した観葉植物を撮った時に、「ちょっとわかってきたな」って一言もらったのを覚えている。

そんなマイボスからふとした時に「プロとアマチュアの違いわかるか?」って聞かれたことがあって、どう答えたかは忘れたけど、お金を稼いでるかどうか。みたいな面白くも無い返答をしたのかも知れない。いつもの様に「ふっ」って笑ってからブラックのコーヒーとタバコを片手に「プロは偶然を必然に出来る人だよ」って話してくれた。でもその一言だけ。笑その当時の僕には意味はなんとなくわかるし、なんか響きはかっこいいなくらいの理解しかしてなかったけど、僕がプロとして撮影を行っていくに連れて、ようやくその言葉を理解できる日がやってきた。こういうのってだんだんと理解出来るわけではなくて、ある日突然、今まで積み上げてきたものと、その言葉がリンクしてハッ!ってなる瞬間が訪れる。

だから僕の中ではプロは偶然を必然に出来る力を持つ人。アマチュアでもいい写真はたくさん撮れる。ただ偶然ではなくプロはいつ、いかなる状況でも必ずそれを撮ってくる人。


鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス


2020/05/06 SHUNJI MIYOSHI

168回の閲覧

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。